上田法と(小児)脳性麻痺

 上田法とは、小児整形外科の医師である上田正氏が1988年に開発した治療法です(現:愛知県立心身障害児療育センター 第二青い鳥学園名誉園長)。


 上田法は、脳性麻痺児や成人の脳血管障害後遺症などの運動障害等に対して有効で、これまでに多くの学会等でその治療効果が報告されてきました。
  脳性麻痺などにみられる筋肉の過緊張(かたさやつっぱり)は、上田法で確実にやわらげることができます。

 そしてその効果は長時間にわたり持続します。筋肉のかたさやつっぱりがとれると、手・足・からだのゆがみや変形が矯正され、運動機能が向上する可能性が上昇します。 


当治療院院長は以下の講習会に参加しております。

 

平成26年 上田法認定講習会(多職種)受講終了

平成27年 上田法認定講習会アドバンストコース受講終了